仲介手数料を払う時期

Pocket

家を売るのに仲介手数料は不動産会社に払わないといけない費用ではありますが、支払いのタイミングは法律でもはっきりしていません。成功報酬として売買が成立した時から仲介手数料を払う義務は発生します。
仲介手数料を支払う義務は発生しますが、どのタイミングで払うかは不動産会社によって対応に違いがあります。一般的には契約締結時に仲介手数料の50パーセント支払って、引き渡しが完了した段階で残りの50パーセントを支払うのが通例になっています。

現金(仲介手数料イメージ画像)仲介手数料を支払うタイミングは不動産会社と手続きを進めていく段階で確認をするのが望ましいです。
仲介手数料と合わせて判断が難しい費用に広告費などの実費を申告されるケースもあります。
原則として広告費は仲介手数料に含まれているので、仲介手数料として上乗せされることはありませんが、不動産会社が依頼者からの要望によって交渉のための出張旅費などが発生することもあります。

遠隔地に購入者がいて、交渉を進めるうえで発生した費用を仲介手数料とは別に依頼されるケースもあります。
通常の仲介業務では発生しない費用については仲介手数料とは別に請求できるルールになっていますが、あくまでも同意の上での対応になります。