Author Archives: admin

家を売るのに必要な費用を計算

Pocket

不動産会社と買い手と交渉を進めていく中で家を売るための費用は決まっていきます。一軒家だったりマンションだったり、ローン中の不動産だったりと条件によって費用は変化します。インターネット上には家を売るとなった時に、どの程度の金額になるかを概算で調べることができるサービスもあります。

費用自分が売ろうとしている不動産がどれくらいの価値があるかを簡単にチェックできるサービスになっています。
売ろうとしている住所を入力して、不動産の基本的な情報を入力するだけで概算を調べることができます。
売却で得ることができる概算の金額は知ることができますが、買い手との契約条件については交渉を進めていく中で費用は大きく変化します。

今ある物件を立て壊して更地として引き渡す場合は、どちらが立て壊すなどの費用の交渉もありますし、耐震診断費用や地盤調査費用、室内のリフォーム費用など交渉内容は多岐になります
家を売る際に好条件として買い手にアピールする際に、諸経費が発生することがあり、不動産会社と相談をしながら進めていきます。登記についても相続登記が終わっていない場合や増築をしたけど登記が終わっていない場合などケースバイケースで登記の費用も変化します。


参照サイト

家の売却と仲介手数料について | 家を売る際に押さえておくポイントについてまとめました。

関連する記事

家を売る際の仲介手数料の仕組み

仲介手数料を払う時期

Pocket

家を売るのに仲介手数料は不動産会社に払わないといけない費用ではありますが、支払いのタイミングは法律でもはっきりしていません。成功報酬として売買が成立した時から仲介手数料を払う義務は発生します。
仲介手数料を支払う義務は発生しますが、どのタイミングで払うかは不動産会社によって対応に違いがあります。一般的には契約締結時に仲介手数料の50パーセント支払って、引き渡しが完了した段階で残りの50パーセントを支払うのが通例になっています。

現金(仲介手数料イメージ画像)仲介手数料を支払うタイミングは不動産会社と手続きを進めていく段階で確認をするのが望ましいです。
仲介手数料と合わせて判断が難しい費用に広告費などの実費を申告されるケースもあります。
原則として広告費は仲介手数料に含まれているので、仲介手数料として上乗せされることはありませんが、不動産会社が依頼者からの要望によって交渉のための出張旅費などが発生することもあります。

遠隔地に購入者がいて、交渉を進めるうえで発生した費用を仲介手数料とは別に依頼されるケースもあります。
通常の仲介業務では発生しない費用については仲介手数料とは別に請求できるルールになっていますが、あくまでも同意の上での対応になります。

家を売る際の仲介手数料の仕組み

Pocket

不動産会社に家を売る相談をした場合は仲介手数料が発生します。仲介手数料については法律でも決まりがあり、仲介手数料を理解しておくことで不動産会社選びのポイントにもなってきます。
仲介手数料仲介手数料を理解しておかないと家を売る際にトラブルになってしまう可能性もありますので、不動産会社を選ぶ際の物差しとしても利用することができます。

仲介手数料とは家の売買が成立した時に不動産会社が受け取ることができる費用になります。
仲介手数料は上限が法律で決まっており、売買する不動産の価値によって上限が決まっています。

  • 取引額が200万円以下の場合は仲介手数料は取引額の5パーセント
  • 取引額が200万円を超えて400万円以下の場合は取引額の4パーセント
  • 取引額が400万円を超える場合は取引額の3パーセント

仲介手数料のパーセンテージは法律では上限金額と定められており、3パーセント受け取ってよいという意味ではないです。仮に不動産会社と手続きを進めていて3パーセントに決まっているという話のやり取りが出てきたら、誠実な対応とは言えないので危険信号とも言えます。
仲介手数料は成功報酬でもありますので、売買が成立する前に仲介手数料を不動産会社に支払う必要はありません。


参照サイト

高く家を売る研究|ど素人が損した失敗談から教える不動産売却のコツ

関連する記事

仲介手数料を払う時期

家を売る費用とは?

Pocket

家を売る理由は色々ありますが、考えておきたいのは家を売る際に掛かる費用です。家を売る側として最終的な収支をマイナスにしたくないという気持ちもありますが条件によってはマイナスになるケースもあります。
収益を考えずに家を手放したいと考えているのであれば、なおさら家を売る際の費用は考えておきたいです。家を売る時には必要な経費はあります。基本的に発生する費用以外にも買い手となる買主との契約条件によって費用が大きく変化することがあります。

家を売る家を売るには直接的に買主とやり取りするということはあまりなく、基本的には不動産会社が仲介として間に入ることが一般的です。
不動産会社が仲介した場合には仲介手数料が発生します。
不動産会社に依頼をした際は媒介手数料が発生発生しますので、家を売る際には必ず仲介手数料は発生します。
家を売る際には、登記関連の費用も発生します
家を手放すので登記の変更が必要になってきます。登記にかかる費用は買主の方が売主よりも発生しますが、売主にも発生する理解が必要です。

不動産関連の法律などは、普段から接する機会が少ないですし、何度も手続きをすることがないので、実際に手続きを進めてみると分からないことが多いです。家を売る時には、難しい法律的な話が沢山出てきますが、費用の根拠などをしっかりと一つ一つ理解して進めていくことが大切です。分からないまま手続きを進めてしまうと大きな収支の変化が出てきますので、面倒ではありますが分かるまで理解して進めていくことが大切になります。