家を売る際の仲介手数料の仕組み

Pocket

不動産会社に家を売る相談をした場合は仲介手数料が発生します。仲介手数料については法律でも決まりがあり、仲介手数料を理解しておくことで不動産会社選びのポイントにもなってきます。
仲介手数料仲介手数料を理解しておかないと家を売る際にトラブルになってしまう可能性もありますので、不動産会社を選ぶ際の物差しとしても利用することができます。

仲介手数料とは家の売買が成立した時に不動産会社が受け取ることができる費用になります。
仲介手数料は上限が法律で決まっており、売買する不動産の価値によって上限が決まっています。

  • 取引額が200万円以下の場合は仲介手数料は取引額の5パーセント
  • 取引額が200万円を超えて400万円以下の場合は取引額の4パーセント
  • 取引額が400万円を超える場合は取引額の3パーセント

仲介手数料のパーセンテージは法律では上限金額と定められており、3パーセント受け取ってよいという意味ではないです。仮に不動産会社と手続きを進めていて3パーセントに決まっているという話のやり取りが出てきたら、誠実な対応とは言えないので危険信号とも言えます。
仲介手数料は成功報酬でもありますので、売買が成立する前に仲介手数料を不動産会社に支払う必要はありません。


参照サイト

高く家を売る研究|ど素人が損した失敗談から教える不動産売却のコツ

関連する記事

仲介手数料を払う時期